不動滝(みどり市)

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

【紅葉スポット】不動滝(みどり市)に行った

【紅葉スポット】不動滝に行った


群馬県みどり市の滝の代表格が「不動の滝」、草木ダムからも近く落差25mもあるから目の前にある観瀑台からは迫力のある滝の全景を見る事ができました。

『この滝の下を流れる柱戸川の上流に、不動滝という不動様の滝があります。(橋の中央から見えます。)この滝は、落差25mもあり、冬季には上から下まで真白な氷柱となります。

また、滝の上に祭ってある不動明王像は、煩悩や障害を焼き払い、悪魔を幸福して願いことをかなえてくれる神で、今でも参詣の人が多く絶えません。』と近くに説明書きがありました。




目次

滝の様子と感想と口コミ

アクセス、駐車場




滝に様子と感想や口コミ

不動滝遊歩道案内図

不動滝の駐車場に遊歩道案内図があったので目を通す、不動滝の観瀑台までは近そうだけど、不動堂までは少し距離がありそうな予感。

不動滝遊歩道入口

遊歩道入口より谷へ

遊歩道の様子

手すりもある整備された緩やかな階段を下る

急こう配だった遊歩道の階段

緩やかな階段は最初だけで写真ではわかりにくいですが、かなりの急こう配の階段となります。この時、正直これ下って行ったら帰りに上がるの嫌だなぁ~と思ったほど。

ここまで来たので奥に進みましたが行きは楽チン。砂利が敷き詰められていて歩きやすい階段でした。どのくらいの急な階段が続くのか不安でしたが72段(急な部分だけ)でした。でも帰り疲れたけど・・・

遊歩道脇にあった仏像

階段脇にあった仏様

不動滝の観瀑台の様子

行きは駐車場から3分もかからなかった感じで観瀑台に到着

不動滝の全景

観瀑台から見た不動の滝は大迫力!華厳滝のミニ版という感じでしたが滝壺に落ちる水流が少し霧のようになってて素晴らしい景色でした。春は山桜、夏は緑、秋は紅葉(11月上旬)、冬は氷柱と表情を変える滝のようだから、また別の季節に見たい滝。

不動滝の上部の様子

説明書きにあった滝の上部に祭ってある不動明王像発見できず・・・

不動滝の滝つぼの様子

滝壺も目の前だから音も大迫力でした。

赤い橋から見た不動滝

駐車場脇にあった赤い橋からも不動滝(真ん中辺りの白いモヤ部分)は見えましたが、夏は葉っぱで全貌見えず、また日当たりは悪い場所のようで、谷に太陽が差し込むわずかな時間帯と落葉してる時期でないと橋からはよく見えないかも。

さて、急こう配の階段はありましたが、駐車場から観瀑台まではわずかな距離だったから私の所要時間は15分前後でした。なお滝から不動堂までの遊歩道が草が生い茂ってたから?道がわからず断念しました。



アクセス、駐車場



不動の滝:群馬県みどり市東町座間

不動の滝へのアクセスは太田桐生インターから約30.5キロ車で約53分、太田薮塚インターから約24キロ車で約43分

草木ダムから約1.3キロ車で約3分、サンレイク草木から約4.7キロ車で約11分、水沼駅温泉センターから約11.5キロ車で約15分、小平の里鍾乳洞から約23.3キロ車で約33分。

最寄駅=わたらせ渓谷鐵道神戸駅から約2.3km歩いて約25分。

不動の滝駐車場の様子

滝への遊歩道入口前に無料駐車場スペースあり、路線バス停「滝の上橋」もある

 

タグ :

群馬県 みどり市   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ投稿覧

TOPへ戻る
アクセスランキング  プライバシーポリシー お問い合わせ