貴船神社

桐生人ポコの行った食べた泊まった旅ログ食べログ

桐生人ポコが行った場所,温泉,泊まったホテルや旅館,レストランや食堂などの食べログと旅ログを写真と感想と口コミでレポートしてます

大間々貴船神社に行ったら逆パワースポットだった

みどり市大間々にある貴船神社は地元では有名で大きな神社で初詣の時に行ったら参拝の大行列で途中で列から外れて帰った事もあるほど、賑わってる神社なんですが、私が行った時のある出来事により逆パワースポット、パワーダウンスポットとなってしまい、残念ながら人生初が気分が悪い神社という思いでができてしまった結果となってしまいました。

大間々貴船神社

初詣できなかったので、後日改めて参拝に行ったんですが・・・・・・






目次

貴船神社とは

境内の様子

御朱印帳、御朱印

逆パワースポット、パワーダウンスポットだった訳、口コミ

アクセス、駐車場、住所、電話番号




貴船神社とは

全国に約450社ある貴船神社の一つが大間々貴船神社で本社は京都府京都市左京区のよくTVに出てくる神社ですね。貴船神社は古くから水神である「たかおかみのおおかみ」を祀り、雨を伴う龍神としても信仰があり、祈雨の神として信仰された神社だそうです。大間々貴船神社の由緒書きには、他にも大山祇神(山々の精霊を総括支配し、五穀豊穣をもたらす神)と大穴牟遅神(国土を治め、守護し、人々の病めるのを治し、不幸を救う神)も祭ってるみたいです。

貴船神社由緒書き

由緒書きには『貴船の神は開運の神・心願成就の神として信仰されてます。貴船神社の「きふね」は昔、「気生根」とかかれ、水は気の生ずる根源であり、生命の原動力である気が蘇ると元気が出て運が開け、願い事を成就できるという信仰です。水神の鎮まる貴船神社に参拝すると気力が生じて願い事を成就できることから縁結び、恋愛成就の神としても知られています。このように貴船の神は衣食住の源である水を司る神、その水の源である雨をもたらす神として、また開運・心願成就の神として人々の崇敬をうけてきました』

京都の貴船神社も縁結びの神としての信仰で、若いカップルたちで賑わっているそうですが、陰陽師の映画や漫画の効果もあり縁切りの神、呪咀神としても信仰されており、丑の刻参りでも有名なんだそうです。

貴船神社説明

さて今回行った大間々にある貴船神社は元々は渡良瀬川流域の山地に祭られ江戸時代の寛文8年(1668年)に移されたそうです。

境内の様子

手水舎

まず手水舎で清めました。

鳥居と石段

そして少しだけ石段を上がりました。

稲荷神社?

石段の途中にお稲荷さんだったかな?別の神社もありました。

大間々貴船神社

石段を登りきると目の前に拝殿がありました。お正月に来た時はここから石段下の参拝者駐車場まで行列ができてたからかなりの人が並んでた事がわかりました。まずはお参り。

境内の様子

神主さんと思われる人が一生懸命ゴミ拾いをしてたから境内が物凄く綺麗になってました。大きな絵馬がありましたが京都の貴船神社では昔は晴れを願うときには白馬が、雨を願うときには黒馬が奉納されたそうですが、その後実際の馬に代わって木の板に描いた馬が奉納された事から絵馬が発祥したとも言われてるそうです。

水おみくじ

水の神様だから水おみくじもありました。

社務所入口

社務所があったのでお守りや御朱印目当てで中に入ってみました。

お守り

さすが貴船神社お守りの数も沢山あってどれにしようか迷いました。

熊手や破魔矢

熊手や破魔矢などもありましたよ。

御朱印帳、御朱印

貴船神社御朱印帳

貴船神社オリジナルの御朱印帳は色違いで二種類あり1,500円、絵柄には雨を伴う龍神も書かれてました。

貴船神社御朱印

後で書いてますが、曰くつきになってしまった連れが記帳してもらった御朱印300円、私は御朱印帳忘れてよかった~。

逆パワースポット、パワーダウンスポットだった訳、口コミ

これからの事は社務所に寄らなければ、社務所内で受付をしたおばちゃんに会わなければ、逆パワースポットやパワーダウンスポットでなかった話になります。

私自身は御朱印超帳を忘れて、連れが御朱印をお願いした所から腹立つ事件があぁぁぁ~。

午前中に行ったら神主さんは綺麗に境内のゴミを拾ってました。おそらくこの時間帯は神社関係者は皆掃除時間だったのかも?

社務所では、見えない所で掃除してたのかな?奥からゴソゴソしてた音が聞こえました。御朱印をお願いたい為にお守りが飾ってあったそばに呼び出し用の呼び鈴があったので押しました。

押してからすぐでなく、ちょっと時間が経ってから、奥の方から私服のおばちゃん登場~その時の表情が何だよ忙しいんだよ~というのがヒシヒシ伝わってくる感じの冷たい顔をしてました。私は横から見てましたがこの表情は温かみをまったく感じない何か?イラツイてる顔のようにも見えました。

「御朱印をお願いしたんですけど~」

「開いてください」言い方がこれまた超冷たい、掃除中なんだからほんと早くしろよ~という感情が伝わってくる顔つきのままとそういう口調。

連れは私の方を見て開いてくださいの意味がわからなかったから助けて~の表情をしてたから私は「書いてもらうページを開くんだよ」と。心の中では受付の人が「書いてもらうページ開いてください」って相手に伝えるんじゃないか。開いてください。ってわからない人は表紙を開くのか?どこを開いていいかわからないんだよ~と心の中でブツブツ。

連れが開いて渡すと、「しばらくお待ちください」や順番札を渡す事もなく、何も言わずさっと奥に消えていきました。こっちは社務所で待ってればすぐできるのか?いつできるのかまったくわからない状態でした。だからとりあえず私と連れは社務所でしばらく待ってる事に。

しばらくしたら奥から今度は貴船神社の制服?羽織を着て登場。あの冷酷な表情のままお金を受け取り奥にまた消えていきあした。何なんだこの対応。こんな人が神様に仕えてるの?とビックリ!!

神社がサービス業とは言わないけど、あそこまで冷酷な顔、冷たい言い方しなくてもいいんじゃないでしょうか?そうじの時間に掃除の邪魔だったから?でもね。いない時は呼び鈴押してと書いてあるんだから掃除より参拝客を先に大事にしろよ~。わざわざ来たんだからと言いた~~~い。けど言えないかった。あれがお店の店員だったら何も買わないし、飲食店だったら即帰るレベルの応対でした。

連れと二人でこんな酷い神社は人生初めてだ~とプンプン。まったくご利益なさそうだったから勿論お守りなんて必要なし。だってあの人からお守りや御朱印手渡されただけで効き目なさそうだもん。

お参りに行ってこんな気分悪くさせる神社ってあり得ないでしょう~二度とこの大間々貴船神社は行く事はないでしょうね。境内を帰りながら神様に聞こえるように二人でブルブツ怒りまくり、逆パワースポット、パワーダウンスポットだぞ、社務所にさえ立ち寄らなければ気分よく帰れる神社なんだな。ここ。

そしてウップンを晴らしに、近くの貧乏神追放神社(招福神社)で神様を殴って蹴ってきました←これがこの神社の参拝方法

神主さんも一生懸命境内を綺麗にしてて、その掃除も多分参拝客の為でもあると思いますがが、同時に人間への応対の仕方もスタッフ全員に徹底してほしいところです。

↓Google口コミ見たら、私たちとほぼ同じ被害者が・・・・誰にでもそういう対応してるんだなぁ。ビックリ!!




島徹さんの口コミ:素敵な神社です。 御朱印を頂きに行った時、たまたま宮司さんが忙しそうに(車のお祓い中)しており、宮司さんの奥様なのか年配の女性の方が代わりに対応してくれました。
しかし忙しかったのか不機嫌そうに奥から出てくるなり、面倒くさいと言わんばかりに
「手書きが良いなら後で出直してください。印刷でも良いなら今用意できますけど。」
と言われたので、 「どれくらい時間を空けて出直せば大丈夫そうですか?」と質問。
するとため息混じりに「私はわかりません」と吐き捨てられてしまいました。
また後日出直すことを前提に結局は印刷のものをお願いしたのですが、その際もため息をついてから何も言わずに立ち去り、数分後に印刷の御朱印を持ってきてくださいました。
忙しかったらいけないと思い、無駄な質問等を省いて簡潔に話を進めたつもりですが、いずれにしても対応は最悪と言わざるを得ない出来事です。 素敵な神社だったので、わだかまりの残る出来事は残念でなりませんが、他の方の対応はどういったものかわからないので機会があればまた伺ってみようとは思います。




とらねこさんの口コミ境内の裏からは、断崖の上から渡良瀬川を見ることが出来ます。 紅葉はまだ始まったばかりですが11月中旬位になるとかなり綺麗になりそうです。 寺社巡りの途中で急遽立ち寄った貴船神社ですが、参拝し素敵な御朱印帳と御朱印を頂き立ち寄ったかいが有りました。 御朱印は最初のページに書かれることが普通ですが こちらは2ページ目に書いてくれました。 これは、京都の貴船神社の御朱印を1ページ目に頂きなさいということでしょうか?(^_^;)


アクセス、駐車場、住所、電話番号



貴船神社:群馬県みどり市大間々町塩原785 電話番号:0277-73-3631

拝観料:無料

アクセス:北関東自動車道太田薮塚インターより約15キロ、車で約26分の道のり。

JR桐生駅より約11.2キロ、車で21分の道のり。

貴船神社参拝者駐車場の様子

鳥居の前に無料駐車場あり、初もうでの時は手前の広大な空き地?畑が臨時駐車場になってました。

 

タグ : 

群馬県 みどり市   コメント:0

コメント/口コミ

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント/口コミ大歓迎!(当ブログの問い合わせもこちらへ)

TOPへ戻る
アクセスランキング